Land Master

土地について詳しく学んでいこう!

田舎で土地を買ってマイホームを建てよう

田舎で土地を買ってマイホームを建てよう

マイホームの購入を希望している方は、どの場所を選ぶかが大きなポイントになるでしょう。
マイホームを購入すれば一生その場所に住むことになるので、土地選びは慎重に行う必要があります。
都会での暮らしに疲れてしまったという方や良い環境の中で子育てをしたいという方には、田舎暮らしがおすすめです。
田舎と一口に言っても解釈の仕方は人それぞれですから、都心から近い場所にある田舎を選んでもいいですし、都心から離れた山奥のような場所に住みたいという方もいるでしょう。
人口が少なく地価が安い場所なら、十分な広さの土地を手に入れることができるはずです。
生まれた時から田舎に住んだことがない方はイメージが付きにくいかもしれませんが、実は様々なメリットがあるのです。
土地の値段が安いことはもちろんですが、庭を広く取れるため家庭菜園をしたりガーデニングを楽しむこともできます。
特に女性はガーデニングに興味をお持ちの方が多いでしょう。
色とりどりの花々に囲まれた生活を想像するだけでも楽しくなります。
家庭菜園では土と肥料があれば色々な野菜を育てることができます。
普段スーパーで買っているような野菜が自分の庭で収穫できるようになるのです。

土地を早く売却する方法

不動産を所持して運用している場合、当然アパートやマンション、ビジネスビルなど、建造物が建てられた土地を不動産資産として運用していると思います。
建造物が上に建っている以上は、建造物が経年で劣化していきますので、所有不動産の資産価値は年々下がって、固定資産税という名の維持費も下がり、物件のテナント料や部屋の賃貸料金も下がっていきます。
不動産の物件的な価値が余りにも低下した場合は、不動産を建造物と考えて売却する人は、余りいないのが事実で、売る際には更地にして坪単価という高い資産価値のある、土地として売りに出す人が多いです。
ですが、更地にする以上は建造物の解体費用もかかりますし、売れるまでの間、高い資産価値を持つ土地の固定資産税が発生し、利益はゼロなのに高額の維持費がかかります。
また、実は意外と知られていないのが、不動産を購入する側の人にとっても、更地というのは購入しにくいのです。
不動産は建造物を建てると価値がどんどん下がるので、建造物を立てるのにも見込み収益やタイミングを図る必要があり、「購入したからすぐ運用」ではないのです。
その点では、建造物の無い更地は購入後に維持費が高いので、買い手がつきにくいです。
売り地登録をしてすぐに売却したいと考えているならば、売りたい土地の上に無価値な建造物があって不動産価値と資産価値が無い方が、不動産購入者に早く売却できるメリットがあるのを覚えておいて下さいね。

土地に関する情報をまとめたリンク

困ったことを解決してくれる土地専門のサイト

>土地 東京

『田舎 土地』 最新ツイート

ページの先頭へ